むおちけのブログ

ありのままの日常をお届けいたします。

大事なお話。

こんにちは、今日は真面目なお話です。

昨年高校を卒業して春から名古屋の専門学校に通っていたのですが、出席日数不十分で進級不可との通知を頂きました。留年ですね。
80% の出席を前提とし、一年を通して最低限の能力を身につける事が進級の条件なのですが、大前提の出席率が 67% しかなく成績面でもカバー仕切れなかったとのことでした。
全てが自分の怠けから来た結果なので、誰にせいにするわけもなくただただ自分の生活や行動を改めて再出発したいと考えています。
進級不可通知が届いてからというもの、高校卒業時も同じ事をぬかしていたのに同じ結果になって両親にはすげえ申し訳ないことをしているなあと思う日々でした。

過ぎた事をだらだら書いててもアレなので今後どうするかを書いておきます。
これはただ決意した事を自分に言い聞かせると同時に過去を振り返れるようにするための物です。

生活習慣

とりあえずこれをたださぬ事にはいつまでたっても変わらないかな、と。まあそら寝られない日ぐらいは誰にでもありますが、それを改善せずだらだら過ごしていく、後に影響するといったことを避ける。

ゲーム

プログラミングしかりゲームしかり、ハマってしまったことはとことんやりつめるという事が僕の良い点でもあり悪い点でもあります。学習面でいえばそれはいいのかもしれませんが、はたまたこれがゲームになってしまうと、終わりなき娯楽というのは最悪の結果しか生みません。
これは小学六年生の頃から続いてる事なのですが、いわゆるネットゲーム依存症らしきものでして小学生から手元に PC があった僕は当然インターネットというものに出会い、それからネトゲにハマるようになっていきました。最初は時間を決めていたのですが、これが中々守れない。自立心がないというか、歯止めが利かず昼夜逆転の主な原因になっていました。それから歳を重ねてもこれは直らず、一時期ネットゲーム自体をしなくなったのですが高校三年生という大事な時期に出会ったゲームが未だに僕の生活の一部となってしまっていました。
進学校に通っていたので高校三年生の三学期は受験勉強のための期間にあてられ、学校自体は自由登校でした。僕は元々大学には行く気がなかったので専門という今の道を考えたのもかなり後になってからでした。大学に進学するという気持ちがない僕が勉強をするわけもなく、だらだら生活していた僕には、そのゲームはかなり魅力的な物でした。
Alliance of Valiant Arms 通称「AVA」にのめり込む事一年、生活の主軸となっていたことは確かです。授業、バイト、その他諸々の時間以外を全てこれに費やしてきました。生産性のない事をしているのは自覚していましたが、やめられずにいました。その生活習慣の乱れから、学校に登校できない日も多々あり結果進級不可という形になりました。
元々勉強とゲームが両立すればいいなという思いでやり続けていたのですが、自立心がない僕がキリをつけられるわけもなく ゲーム>勉学 になっていっていたんですね。
「心を入れ替えて」というのは一年前も言っていたことなので同じ失敗を二度繰り返しているわけですからさすがに学習しないわけにもいかないと思い行動にでました。出るのが遅すぎましたが。
なのでまず中々やめられずにいたゲームを思い切って消すことに。あまり大きな声で言える事ではありませんが、結構な時間とリアルマネーをつぎ込んだゲームでしたが、それぐらいの決意がないと親に顔向けできないし、第一また同じ間違いを犯すだろうと思った結果です。
このゲームへの思い自体に、まだまだ成長できると思っていたし、少しずつ成長がやっとみられてきたんじゃないかなとも思えていたので未練たらたらです。
皆に変わったな、もう大丈夫だろう。と言われるぐらいに成長すればまた帰ってくるとは思いますので、またその時は声をかけてやって下さい。一緒に遊んでくれた方々、ありがとうございました。

これがメインとなるぐらい長文になってしまいましたが、こういった次第です。生活面とゲームしか書くことがありませんでしたが、そのたった二つで狂ったのでそいつらをどうにかしていきたいと思います。
そしてまたかずーさんには去年と同じような相談をして、助けて貰っています。ありがとうございます。

心配してくださったフォローワーの皆さん方と、恩師、そしてなにより両親に謝罪とそれに見合った結果を出すために頑張りますので今後とも何かとよろしくお願いします。